喉の病気

以下のような症状や喉に関するお悩みがあれば、当院までご相談ください。

  • 喉が痛い
  • 喉に違和感がある
  • 息がしづらい
  • しゃべりにくい
  • 声が枯れる
  • せき・痰が出る
  • 痰に血が混ざっている
  • 飲み込めない・むせる
  • 味がしない

喉に関する代表的な疾患

口内炎
口内炎とは、口の中の粘膜に生じる炎症の総称です。できる部位によっては舌炎、歯肉炎、口唇炎などの異なる名称で呼ばれることもあります。もっとも多く見られるのは、痛みを伴う数ミリの白いできもののような形状の「アフタ性口内炎」です。その他にも、舌炎、ヘルペス感染症、唾石症、扁平苔癬、歯牙(義歯)による損傷、舌癌などが考えられます。
歯磨きの時についた傷などに雑菌が入り込んで起こる他、ビタミン不足、ストレスなども関係するといわれています。口内炎のほとんとが一過性のものですが、治りにくいと思っていたら、実は初期のがんだったということもあります。口内炎がなかなか治らない、一度に何か所も何度もできるという場合は、要注意です。口内炎だからと侮らず、耳鼻咽喉科を受診しましょう。
咽頭炎
咽頭炎とは、その名の通り咽頭に炎症を起こした状態で俗にいう「のどかぜ」です。咽頭は鼻や口を通して直接外と接するため感染を起こしやすい場所です。気温の変化や抵抗力の低下した時に、細菌やウイルスに感染してしまうと喉が赤く腫れます。喉の違和感や痛み、ものが飲み込めないなどの症状があり、倦怠感や発熱を伴うこともあります。
まずは安静にして刺激物を避けることと、うがいなどで口内を清潔に保つことが大切です。細菌感染の場合は、必要により抗菌薬などを内服して治療します。
扁桃炎
扁桃炎とは、のどの奥の左右両側にある扁桃が細菌などの感染により炎症を起こした状態です。扁桃の腫れ、のどの強い痛み、つばを飲み込めないなどの症状があり、高熱を伴うことも多いです。
うがい、抗菌薬の内服などで治療します。扁桃炎で高熱を繰り返していて日常生活に支障をきたしている場合、手術で扁桃を取ることをおすすめする場合があります。その際は、連携している医療機関をご紹介いたします。
味覚障害
味覚障害とは、食べ物の味が分からなくなったり鈍くなることを言います。味覚障害の原因はさまざまですが、血清中の亜鉛不足が関係しているケースが多いことが分かってきました。その他には、特発性(原因不明)、薬剤、感冒、鉄欠乏性貧血による舌炎や口内炎、虫歯などに伴う舌炎も味覚障害の原因となりますので、血液検査で貧血の有無を調べたり、血清中の亜鉛の量を測定します。舌の片側のみに味覚障害が出ている場合、中耳炎の有無や脳血管障害のチェックが必要になります。
口腔がん
口腔がんとは、口の中にできるがんの総称です。よく知られているものだと「舌がん」が挙げられます。それ以外にも歯ぐきにできる「歯肉がん」、下あごの歯ぐきと舌に囲まれた部分にできる「口腔底がん」、上あごにできる「硬口蓋がん」、「頬粘膜がん」、「口唇がん」など、発症する場所や種類も様々です。
口腔がんは、口内炎や歯肉炎などと見分けがつきづらいため、初期の段階ではなかなか気づけない方も多くいます。いつもより長引く口内炎や、歯茎の腫れや出血など口腔粘膜の異常を見逃さないように日々チェックすることが大切です。
咽頭がん
咽頭とは鼻の奥から食道に至るまでの食物や空気の通り道で、上・中・下の3つの部位に分けられ、各部位にがんができるとそれぞれ上咽頭がん、中咽頭がん、下咽頭がんという診断となります。
初期症状は少なく、のどの違和感・軽い痛み程度の場合が多いです。がんが進行すれば食事の通りにくさ、息苦しさ、さらに頸部リンパ節への転移による首のしこりによる受診でがんと判明することもあります。
正中頸のう胞
喉仏の上あたりに丸い小さな塊が出現することがあります。これを正中頸のう胞といい、首の正中部にできる袋状の腫瘤のことを指します。赤ちゃんが産まれる前の甲状腺が形成される過程で、甲状舌管(通り道の管)の部分が消失せずに袋状の腫瘤となってしまうことが原因です。多くは小児期に診断されますが、成人になってから診断されることもあり様々です。緊急性はありませんが、感染症やがんを生じることもあるため手術をお勧めする場合があります。
緊急で手術を行わない場合も、頚部エコーを用いた腫瘤の診断や感染症の有無などの確認は定期的にされておくことをお勧めします。気になる症状のある方は、診療方針も含めて一度ご相談ください。
甲状腺腫瘍
甲状腺は喉仏のすぐ下にあり、蝶が羽を広げたような形で気管を抱きこむように存在している臓器です。この甲状腺にあるしこりを、甲状腺腫瘍といいます。初期の小さなものでは自覚症状もなく、検診やエコー検査中に偶然発見される方も多くいます。サイズが大きくなってくると、首のしこりやのどの違和感、物が飲み込みにくい、声がれなどの自覚症状が出てくる場合もあります。
頚部エコーなどを用いて診断します。検査の結果、良性の場合は手術の必要はなく定期的にエコー検査などを行いを経過を観察していきます。悪性の場合や、腫瘍が大きくなり日常生活に支障をきたす場合には手術をお勧めすることがあります。その際は、速やかに手術が可能な医療機関にご紹介させていただきますのでご安心ください。
唾液腺腫瘍(耳下腺腫瘍・顎下腺腫瘍)
耳の下や前、顎の下が腫れている場合、「耳下腺腫瘍」や「顎下腺腫瘍」の可能性があります。それぞれ良性と悪性があり、多くの場合、良性腫瘍で腫れ以外の症状はほとんどありません。腫れた部分に痛みが伴ったり顔面神経の麻痺がある場合は悪性腫瘍の疑いがあります。
当院では頚部エコーを導入しておりますので、上記のような腫瘍の診断も可能です。耳の下や前、顎の下の腫れがある方は一度ご相談ください。手術や専門的な治療が必要な場合は、速やかに専門の医療機関にご紹介させていただきます。

PAGE TOP